介護ソフトがあれば少人数での介護施設の管理も可能となる

笑顔の介護職員

介護ソフトではどういったデータが管理できる?

介護の仕事というのはとにかくやることが多く、日々時間に追われて仕事をしている方も多いのではないでしょうか。それに加え、入居者の体調不良、転倒・徘徊といった事故など、突発的な出来事もあり、予定通りに仕事が進むというのは難しい場合が多いです。
スタッフ間で連携し、情報共有することも介護の現場において非常に大切なことではありますが、こうも忙しいとなかなかスムーズにいかないこともあります。伝えたはずなのに周知されていなかったり見落とされていたりといったミスはやがて大きなトラブルに発展しかねません。
そんな仕事の煩雑さを解消するためにオススメしたいのが介護ソフトの導入です。介護ソフトとはこれまで紙で行っていた入居者の毎日の記録や面会、外出などのスケジュール、金銭の管理など様々な情報を一元化し、パソコンやタブレットなどを用いて閲覧することができるソフトです。どこでも閲覧できるので、記録帳がどこにあるか探す必要もなく、スタッフ間で周知したい情報などもすぐに共有することができるので、無駄な作業や時間を大幅に減らすことができます。
介護ソフトを活用して、日々の業務を効率化し、スタッフとっては働きやすく、入居者にとっては快適に暮らせる施設を目指しましょう。